引っ越しを激安で済ませるおすすめポイント

引っ越しも何度かやらなくては分からないと言われるほどですが、激安とは言わないまでも少しでも安価にやりたいと思うのは当然です。やはりやっておかなくてはいけないこととしては、多くの業者に見積もりを取る事です。最低でも6社は数字だけでも出してもらっておけば、大体の平均が分かりますのでどこが安いのかという事も見極めやすくなります。よく言われる安くするポイントとしては、繁忙時期は極力避けることです。2~4月、特に3月は普段よりも高めになりますし、それ以外でも土日祝日や、意外に大安や仏滅などでも料金は変わってきます。できる限り引っ越す日程には幅を持たせておく方がより安い値段を提示してもらいやすいので、あまり急いでいないのであれば安い日時にしてもらえるよう相談してみましょう。

自分でできることは自分でやることも大切

引っ越し料金を激安に抑えたいと思うのであれば、見積もりを取るだけでなく自分でできることは自分で作業しておくという事も重要です。最近は荷造りなどもしてくれたりする業者もあるのですが、自分でやれば当然その費用は浮きます。ダンボールも自分で調達してきたり、単身なら単身パックを使うなどより安いプランの利用を検討しましょう。慣れていないと何となく引っ越せればよいと思ってしまいがちですが、後でもう少し安くできたのにと文句を言っても仕方がありません。自分で出来る作業は自分でしておく事も安くしておくコツですが、あまりにも大きいものや不用品などに関しては作業してもらった方が楽な事もありますので、見積もりなどの相談時には自分で妥協する点も考えつつ見積もってもらって下さい。

細かく気をつけていきたいポイント

激安な引っ越しの実現のために、見積もりをたくさん取ったり繁忙時期を外すなどしていても、ちょっとした細かいことも金額に反映されたりすることもあります。あまりにも大きい荷物の運搬があってそれを運んだりする時に窓からつり下げなどを行うとか、高層マンションで共用部分を傷つけないようにチェックが入ったりするような時には作業の手間がかかりますので、それだけ高くなる要素が増えると思っていいでしょう。また、見積自体も直前ではなくて1~2ヶ月前などなるべく余裕を持たせておく方が、自分自身だけでなく依頼する業者側も人員確保やスケジュールの確認をしやすくなります。気になることがあれば業者にも確認を取りながら協力し合う事も安くするポイントと考えてもいいので、慌てず作業を進めましょう。