注意点を押さえて探す激安の引っ越し方法

お金がかかる引っ越しを安くしたいと思うなら、激安の業者を利用しようと思う事もあるでしょう。ただ単に安いから良いと決めてしまうとトラブルが発生する事もありますので、注意点を踏まえた上で利用するかどうかを決めましょう。基本的に多くの業者で見積もりを取るように推奨されますが、その時は「無料」で見積もりをしてくれますので、有料という業者は注意した方が良いでしょう。キャンセルされないように手付金を要求してきたり、自動車のナンバーが業者登録をしていれば緑か黒なので、それ以外の白や黄色になっている場合も違法業者の可能性がありますので注意しましょう。安心して自分の荷物を預けられるかどうか、たくさんの業者を料金、サービス面から比較してから選んで下さい。

安くても安心できる作業をしてもらうために

激安なら引っ越しの品質は諦めるという方もいますが、安くてもきちんと作業をしてくれる業者もたくさんあります。見積もりを取って比較をする中で、万が一に備えて損害保険である「運送業者賠償責任保険」に加入しているかどうかもチェックしておきたい項目の一つです。これに加入していないと、何かあったときには自分で補填しなくてはいけません。また、業者側も殆どがホームページなどの情報媒体を持っていますので、どれぐらい営業しているのか、できる限りきちんとこれまでの作業実績が分かる業者の方が安心できます。また、当日に作業に来てくれるスタッフの熟練具合や何人来てくれるのかは見積の時点でしっかりと確認しておかないと、当日ばたばたと忙しなくなったり、思いもかけないトラブルが発生するので注意しましょう。

自分自身でも当日までに準備をしましょう

激安な引っ越しを実現するのであれば、業者に依頼する事は少しでも減らしておく方が当然ながら安くなります。見積の際にはどこまで作業をしてもらって価格を出してくれたのか、自分でやっておかなくてはいけないところはどこまでなのかをきちんと確認しておくと、当日に慌てずに済みます。場合によってはオプション作業を有料で頼まなくてはいけなくなる可能性もありますので、それを少しでも発せさせないようにするには自分自身でも計画を立てて荷造りなどをしておく事が大切です。自分で作業が難しい大きなものなどは無理をせずに業者に依頼して梱包などをしておく方が結果的に安く付きますので、体調などにも気をつけつつ、できる範囲を考えて作業を行って下さい。準備をしっかりしておく事で、安く引っ越す事ができます。